喜志(美具久留御魂)

(尺度は羽曳野市)

町名
画   像
新調/購入
大工/彫師
彫   物 備   考
若一
(富田)
クリックするとだんじり画像が拡大します 明治11年購入 新堂組大工?
 /小松源蔵?
【飾目】
獅子噛み三面
【虹梁】
源平戦記
現地車は新調時の詳細は不詳
→明治11年大阪狭山市半田より購入
富田(とんだ)は若一(若松町一丁目)の古称
"hideyan"さんの情報提供に感謝!
新堂
クリックするとだんじり画像が拡大します
平成12年購入
下川安治郎・
 下川一榮/
 下川安治郎・
  赤金由松
【土呂幕】
豊臣軍記
【見送り】
正:秀吉本陣佐久間の乱入
右:加藤清正虎退治
左:後藤又兵衛虎退治
現地車は昭和9年泉大津市宮本町新調
→昭和63年堺市の藤井毛織(株)福泉工場へ
→平成12年富田林市新堂へ
先代は羽曳野市西浦の個人へ売却後老朽化解体
往古の石川郡新堂村大工町は多数の俄地車(石川型地車)を生産した大工「新堂組」の拠点であったとされる。 また新堂村の各五字にはそれぞれ地車があったという。
クリックするとだんじり画像が拡大します
文久3年新調
新堂組新兵衛
 /彫又一門
【飾目】
獅子噛み三面
【車板】
前:天の岩戸
後:天臼女命
小:宝珠をつかむ青龍
現地車は平成8年吉為工務店にて大修理
尺度
クリックするとだんじり画像が拡大します
平成10年購入
<絹屋>
絹井楠次郎
 /川原啓秀
【車板】
前:宝珠を掴む青龍
小:川中島の合戦
元の見送りは
 大坂夏の陣
現地車は昭和5年泉大津市元町新調
→昭和59年泉大津市南曽根へ
→平成10年羽曳野市尺度へ
 この際吉為工務店にて石川型に大改修、
 元の見送り三枚板は同工務店にて保存中
先代は昭和末期に地元で製作の子供地車
→平成10年富田林市梅の里へ
先々代は昭和30年代に焼却処分か?
喜志
(大深)
クリックするとだんじり画像が拡大します
平成16年新調
吉野寿久/
 筒井伸
 ・松谷隆司
 ・山本陽介
【飾目】
獅子噛三面
【紅梁】
上:源平盛衰記
中:青龍
下:太平記
現地車は平成16年9月23日新調入魂式

先代は明治13年奈良県広陵町方面で新調、彫師は芦高妻三良
→明治末期に富田林市喜志大深(おおけ)へ
→平成16年老朽化解体
先々代は明治23年富田林市喜志大深新調
→羽曳野市西浦へ
→大正5年頃富田林市彼方へ
奈良県香芝方面を経由して西浦へ売却との説は
先代地車の購入元の誤りか?
先代
喜志
(大深)
クリックするとだんじり画像が拡大します
明治末期購入
□□治平・
同弟治三良/
 芦高妻三良
【飾目】
獅子噛三面
【拝懸魚】
前:鷲の猿掴み
小:朱雀
先代地車は明治13年奈良県広陵町方面で新調
→明治末期に富田林市喜志大深(おおけ)へ
→平成16年老朽化解体
解体時に屋根材より奈良県廣瀬郡弁財天村にて新調の墨書きが見つかる。 「箸尾」の文字が見えることからから箸尾弁財天氏地大野地区の新調か?
川面
クリックするとだんじり画像が拡大します
平成3年新調?
<彫忠>
 /情報募集中
【見送り】楠公記より
桜井駅の別れ、
湊川の合戦など
元は幕式、平成14年に見送り部を三枚板に改修
毛人谷
クリックするとだんじり画像が拡大します
平成12年購入
羽曳野の大工
 /<彫又>ほか
 情報募集中 現地車は昭和23年ごろ羽曳野市王水町にて新調
当時誉田八幡宮境内の巨木を用い製作と伝わる
彫物は先々代の毛人谷・伏山などのものを使用とのこと
→平成12年富田林西口へ
→平成14年より古称の毛人谷(えびたに)に戻す
画像は平成13年の撮影
先代は明治30年ごろ大阪市内で新調
→大阪市城東区諏訪が購入するも曳行は無し
→大正15年ごろ東大阪市荒川へ
→昭和47年富田林市毛人谷へ
→昭和62年太鼓正を通じ神戸市東灘区東明へ
 (神戸型へ改修)
毛人谷子供地車保存会の"O.O"さんの情報提供に感謝!
平町
クリックするとだんじり画像が拡大します
平成14年新調
<彫忠>  情報募集中  情報募集中
櫻井
クリックするとだんじり画像が拡大します 新堂組大工?
 相野一門?
 情報募集中 【車板】
前:天の岩戸
後:司馬温公の瓶割り
小:牛若丸鞍馬山修行の場
【虹梁】
上:菊
中:青龍
下:源平戦記より
現地車は昭和57年から曳行を休止していたが、
平成15年に22年ぶりの曳行復活、平成18年河合工務店にて大修理し新調同様になった(画像は平成15年撮影)。
中野
クリックするとだんじり画像が拡大します 平成22年新調 《大市》
河合伸一/
 御堂製作所
【車板】
前:天の岩戸開き
  天照大神出賜う
後:野見宿禰と当麻蹴速
小:美具久留御魂神社縁起
【虹梁】
上:青龍・波
下:河内源氏三代記、
  太平記など
現地車は平成22年9月11日新調入魂式
先代は昭和57年新調の子供だんじり(太鼓正より購入)
先々代もあり太鼓正へ売却とのことだが詳細は不明
木戸山
クリックするとだんじり画像が拡大します 平成22年新調 大下孝治/
 御堂製作所
【飾目】
大屋根:獅子噛二面
小屋根:唐獅子
【車板】
前:珠を掴む青龍
後:天の岩戸隠れ
【枡合】
源平戦記、富士の巻狩り
【脇障子】
竹に虎
現地車は平成22年9月11日新調入魂式。 なお屋形・彫物に大阪市城東区鴫野東之町地車大改修に伴い譲渡されたものを使用、 この彫師など詳細は不詳であるが文化文政期製と推測される年代物で貴重な彫物。 飾目・懸魚・車板(前のみ)・脇障子などがこれにあたる。
往古も地車を所有していたとのことだが詳細は不明(情報募集中)
喜志新家
クリックするとだんじり画像が拡大します
平成18年購入
松村工務店/
 高橋孔明
 情報募集中 現地車は平成元年羽曳野市鍛冶町新調
→平成12年富田林市東板持へ
→平成18年富田林市喜志新家へ

Click! ホームにもどる

  • Update:10/22/10